体験談やスカッと話をLINE風でお届け!

LINEVoice

不倫

【体験談】友人の旦那さんと不倫しています

投稿日:2021年7月7日 更新日:


私の名前はサナエ。
私には幼い頃からの親友がいます。
彼女はユキという名前で、私よりも2歳年下です。
実は、私は彼女の旦那さんと不倫をしています。
だから、彼女に対して引け目を感じているのですけど……。
でも、どうしても彼と会うことをやめられないのです。

ユキ:
ねぇ、サナエってば。
話を聞いてる?

サナエ:
あ……。
ごめん、ちょっとぼーっとしてた。

ユキ:
ひどいなぁ。

サナエ:
ごめんごめん、それでなに?

ユキ:
同じ会社の先輩がね、後輩の旦那さんと不倫してるんだって。

サナエ:
へ、へぇ……。

ユキ:
不倫なんて最低だと思わない?
っていうか、人の旦那さんだって分かっているのに手を出しているんだって。

サナエ:
そうなんだ。
そういうの、良くないよね。

ユキ:
注意をした方がいいのかなって思うんだけど、どうするべきだと思う?

サナエ:
う~ん、難しい問題だよね。
でも、あまり首を突っ込まない方がいいんじゃない?

ユキ:
どうして?

サナエ:
だって、良かれと思ってやったことが逆効果になることもあるでしょ?

ユキ:
ふぅん。
さすがはサナエだね。
不倫する人の気持ちが分かってるって感じ?

サナエ:
え?

ユキ:
私が気づいていないとでも思った?
旦那と不倫してるよね?

サナエ:
あ……。

ユキ:
でも、残念でした。
私は旦那と離婚するつもりはないから。

サナエ:
え?

ユキ:
彼ね、不倫や浮気は今回が初めてじゃないの。
でも結局最後は私のところに戻って来てくれる。
だから、いいの。

ユキ:
サナエも彼と遊びたいなら遊んでおけば?
今までのパターンから考えて、きっともうすぐ別れを告げられるはずだから。

サナエ:
ユ、ユキ……。

ユキ:
でも、私たちの友情はここまでだね。
だって、人の旦那に手を出す親友なんていらないもの。

サナエ:
待って、話を聞いて!

ユキ:
話を聞いてどうなるの?
だから不倫したんだ、仕方ないね!
なんてなると思う?

ユキ:
サナエにどんな事情があっても不倫していい理由にはならないでしょ?
それとも、不倫をするのが仕方ない理由ってある?

サナエ:
……ないわ。

ユキ:
じゃあ、これでお別れだね。
これからも仲良くしたかったけど、残念だよ。

それから1ヶ月後。
私はユキの予言した通り、彼から別れを告げられました。
それから2週間経たないうちに、彼は別の女性を連れていました。

きっとユキもこれまで悔しい思いをしていたのでしょう。
私と話をしていた時、平気そうにしていましたが彼女なりの強がりだったのかもしれません。
不倫は何も生まないし、いろいろなものを犠牲にさせると聞いたことがあります。
確かにその通りですね。
私は彼だけではなく、唯一無二だと思っていた親友さえも失ったのですから。
次に恋愛をするなら、私だけを好きになってくれる人を好きになりたいです。

-不倫
-

Copyright© LINEVoice , 2021 AllRights Reserved.