体験談やスカッと話をLINE風でお届け!

LINEVoice

恋愛

【体験談】俺たちの関係?恋人じゃなくて同盟関係だけど?

投稿日:2021年7月22日 更新日:


俺の名前はヨウジ。
最近、ミチコって奴と行動することが多い。
え、彼女だろうって?
そんなんじゃないよ、俺には好きな人がいるんだから、
俺と彼女の関係、それは……。

ヨウジ:
今日は遅かったんだな。
いつもは俺より先にファミレスに来てるのに。

ミチコ:
帰り際にトオルくんに話しかけられちゃったんだ。
だから来るのが遅れたんだよね~。

ヨウジ:
トオルに?
……たまには早く行こうなんて考えなければ良かったな。

ミチコ:
あはは、私が抜け駆けしているか不安になった?
大丈夫だって♪
私とヨウジは同じ人を好きな同盟相手なんだから。

ヨウジ:
……男が男を好きだって、おかしいって思わねぇの?
今さらな質問だけど。

ミチコ:
物凄く今さらだね。
別に誰かを好きになるのに異性じゃないといけないって決まりはなくない?

ヨウジ:
決まりはないけど、普通じゃないだろ?
……俺、高校は県外に来たんだ。
元々、地元は九州なんだけどさ。
男が好きってことがバレて、逃げるようにこっちを受験したんだ。

ミチコ:
親は?

ヨウジ:
腫れものに触れるような接し方で、俺の方が逃げてきた。

ミチコ:
バレたくないなら、生徒手帳にトオルくんの写真入れてたらダメでしょ~。
私だったから良かったけどさ~。

ヨウジ:
それに関してはカミサマに感謝したくなったな。
さすがに今度は逃げ道はなかっただろうし。
お前の方こそ、なんで俺と同盟なわけ?

ミチコ:
え?
だって、キミはトオルくんと仲がいいでしょ?
普通に片思いしているより彼と接する機会が増えるじゃない。
使えるものは何でも使わないと!

ヨウジ:
変な女。
まぁ、おかげで俺もなんか普通の片思いってやつができているんだけど。

ミチコ:
別におかしいって思わなくてもいいのに。

ヨウジ:
みんながお前みたいに思ってくれるわけじゃないんだよ。
……それに、俺の恋なんて絶対に成就するはずがないから。
トオルは俺みたいに男が好きなわけじゃないし。
告白なんてしたら、絶対に今の関係が壊れるから。

ミチコ:
ふぅん?
あーぁ、勿体ないな。

ヨウジ:
は?

ミチコ:
私がフジョシってやつだったら、あんたとトオルくんで萌えてたのかなって。
トオルくんは渡したくないけど、萌えって気持ちを味わいなと思って。

ヨウジ:
……漫画とかはいいよな。
ハッピーエンドの可能性があるから。
俺は不毛な恋をしているだけだし。

ヨウジ:
でも、他の女にトオルを渡すよりお前の方がいいな。
お前、いいやつだし。

ミチコ:
えー、ライバルがそんな感じだと面白くなーい。
もっと張り合い持ちなさいよ~。

ミチコ:
……でも、私も男だったらヨウジくんにトオルくんを渡すかな。

ヨウジ:
確率ひでーだろ、それ。

俺とミチコは同じ奴を好きになった同盟相手。
きっとお互いに気づいている。
トオルが俺たちを見てくれることなんてないってこと。
だから、ある意味同じ傷を持つ同盟ってところなのかもしれないな。

-恋愛

Copyright© LINEVoice , 2021 AllRights Reserved.